FC2ブログ

クナリフロ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ミュージカル&その他観劇 in Korea > 몬테크리스토(モンテクリスト)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

몬테크리스토(モンテクリスト)

P1040629.jpg

6/13(日)に몬테크리스토(モンテクリスト)を見ました。

유니버설아트센터 19:00
VIP席 120,000W

애드몬드 단테스(エドモンドダンテス) 몬테크리스토(モンテクリスト) : 류정한(リュジョンハン)
메르세데스(メルセデス) : 옥주현(オクジュヒョン)
몬데고(モンデゴ) : 최민철(チェミンチョル)
아베 파리아(アベファリア) : 조원희(チョウォニ)
알버트(アルバート) : 김승대(キムスンデ)
빌포트(ヴィルフォート) : 조순창(チョスンチャン)
당글라스(ダングラス) ; 장대웅(チャンデウン)
루이자(ルイーザ) ; 한지연(ハンジヨン)
발렌타인(ヴァレンタイン) ; 이미경(イミギョン)
자코포(ジャコポ) ; 이정수(イジョンス)
모렐(モレル) ; 김나무(キンナム)

面白かった!
何と言ってもジョンハンさん!!決して期待を裏切らない、ド迫力の歌と演技に圧倒されました。

余計なことを色々と書いていたら、ものすごく長くなってしまった・・・^^:
会場は、ユニバーサルアートセンター。韓国一のバレエ集団、ユニバーサルバレエ団の隣の建物でした。内装が・・・趣味の悪いゴージャスさでした^^;

オペラ座のグァンホくんのスケジュールが分かるまで予定が組めなかったのですが、その間にみるみるチケットがなくなっていってあせりました。これも渡韓数日前になって、突然VIP席が10席程出てきたので、すかさず予約しました。バルコニーの1番前のセンター席でした。舞台まではちょっと遠いですが、とても見やすかったです。

壮大な音楽と共に幕が開き、舞台に大きな船が現れる・・・えっ、これってパイレートクイーン?!と思わせるような始まり方でした。幸せいっぱいの若い2人が船首でタイタニック風にバカップル振りも披露(笑) 祐一郎さんと知寿さんのコスプレを思い出し、ニヤニヤが止まらなかったです。

曲がドラマティックでとてもいいですね~~。さすが、ワイルドホーン!

エドモンド/モンテクリスト リュジョンハンさん
役にはまりまくりです(笑) こういう役をやらせたら、彼の右に出る人はいないんじゃないでしょうか?
1幕の青年時代は、まあ普通な感じなのですが、1幕最後に自分を陥れた人達などの消息を聞き、最後にメルセデスがモンデゴと結婚をし、子供もいると聞いたとたん、怒り沸騰!復讐の鬼と化します。その場面の歌が、それはも~~ド迫力で、ホントに期待を裏切らないな~と嬉しくなってニヤニヤしてしまいました。最高です!!
伯爵になってからの衣装がすごいですね。ウエディングドレスか?!と思うほど、長~い裾の金ピカのガウンなども、ちゃんと着こなしていたと思います(笑)
2幕後半のモンデゴとの剣による殺陣?が、なかなか迫力があってカッコよかったです。お二人ともかなり練習されたのでしょうね~。

メルセデス オクジュヒョンさん
1幕最初の少女時代は、メイクの具合からかオクジュヒョンさんじゃないみたいで、ちょっとびっくりしましたが(何で?・笑)、とてもかわいらしかったです。
歌、うまいですね~。歌い上げる曲を聞きながら、「この人、ピンクル(女性アイドルグループ)だったんだよな~」なんて、ぼーっと考えていました。演技も、若い娘時代と母になってからとの演じ分けも上手だったと思います。が、キャッツの時にも感じましたが、若干、歌が自分本位なところがあるような気がします。エドモンドを想って歌う切ない場面があるのですが、大声量でものすごい歌い上げぶりで^^;・・・もうちょっと切々と歌った方がいいな~と思いました。悲しみの度合いを表現しているもかもしれませんが・・・ちょっと歌が強すぎると感じました。喉を絞った歌い方もちょっと苦手です^^;

モンテゴ チェミンチョルさん
うまいっ!!こういうアクの強い役は合いますね~。歌は、圧倒的な歌唱力で聞かせてくれました。歌も演技もサイコー!でした。個人的には、ジョンハンさんと並ぶくらいの好演だったと思います。
最後は、息子に殺されてしまって切なかったです。ちょっとギモンだったのは、アルバートは自分の子供だと思っていたのか(もしそうだったら、エドモンドがいなくなってすぐに結婚をしたのか?)、それともエドモンドの子供を身ごもっているのを知りつつメルセデスと結婚したのか?まあ、どちらにせよ、アルバート自身はモンデゴの息子だと思っていたくらいだから、自分の子供と思って大事に育てたのに、あの結末は切なかったな~。とても嫌なヤツだったけれども(笑)

アルバート キムスンデさん
とにかく、かわいらしい。歌も上手だし、演技もいいです。「あ~ヨジャ~」のところは、笑えました。

アベファリア チョウォニさん
魅せますね~。甲高い声にコミカルな演技が笑えました。公演後、舞台挨拶の時の声が渋くて驚きました。「本来はこういう声なんですよ」と、素晴らしい美声でした。

パイレートクイーンに復讐劇をプラスしたという感じでしょうか。
ところどころ笑いのエッセンスをしのばせつつ(しのばせすぎ?)、壮大なメロディーを朗々と歌い上げる役者たち。突っ込みどころも満載ですが、とても楽しめました。
セットも豪華でよかったし、映像もうまく取り入れていて、視覚的にも楽しめました。
アンサンブルのレベルも高かったと思います。
来年、アンコールがあるとのことなので、是非また見てみたいなと思いました。

公演終了後に舞台挨拶がありました。
ジョンハンさん仕切りで・・・さっきまでのド迫力の人と同一人物とは思えない、ものすごい素朴な感じがいいですね。
ダブル、トリプルの役者さんたちもひとりずつ紹介され、全員舞台に登場しました。
もうこの時からオクジュヒョンさんが号泣状態で・・・ジョンハンさんが「その気持ちわかるよ~」と背中をトントンしてあげていました。後から出てきたチャジヨンさんも出てきてすぐに号泣。

シンソンロクさんが登場してジョンハンさんの隣に立とうとすると、身体バランスの違いが明らかになるからか「俺の隣に立つな!」的ジェスチャーに、ソンロクさんがヒザを曲げて小さくなって隣に立ちました(かわいい)
オムギジュンさんは、帽子を目深にかぶって出てきたので「帽子を取って~」という会場からの声に、ジョンハンさんの顔をがしっとつかんで、一体何するつもり~@@?と一瞬驚いたのですが(笑)・・・ジョンハンさんの頬についたマイクを通して「僕の勝手です」という、挑発的な?答えが返ってきました(この日出演していない人はマイクがなかった)
アルバートのダブルキャストのチョンドンソクさん、何て花美男なの~@@!と驚きました。背も高く、とてもキレイな顔立ちで・・・CDを聞いたら、甘い声で歌もとってもうまいんですね~。これから注目ですわ(笑)

ひとりひと言ずつ挨拶をしていったのですが・・・オムギジュンさんって、とってもいい声ですね。CDを聞いて、歌も私好みな感じ。1幕のラブラブ時代は、オムギジュンさんで見たかったです(笑)
ジョンハンさんが挨拶した後だったか?チャジヨンさんとソンロクさんがジョンハンさんの頬にキスをしたので、笑っちゃいました。ソンロクさんっておちゃめ。

舞台挨拶が終わり、ジョンハンさんとジュヒョンさんが舞台奥の階段を上がったところでデュエット。歌い終わると抱き合って、とてもいい表情で「お疲れさま」というようにお互いの背中をポンポンと叩く姿を見て、とても感動してしまいました。

あぁ~とてもいい舞台でした。

ここからは、舞台とは関係ない話ですが・・・^^;
公演開始前、私の席から1階後方席がよく見えて・・・歩いてきたとある男性を見て、あれ、チョンソンファさん?と思ったのですが、周りの観客は無反応。あれ、違ったかな・・・?しばらくして、同じ通路を背の高い男性が歩いてきて・・・あっ、シンソンロクさんだ~っ!!(興奮) 誰かに深々とお辞儀をしていました(今から思い返せば、ソンファさんにだと思う)。さすがにスターオーラがありますね。ものすごく爽やかでステキでした。周りの観客も気づいたようで、みんなが一斉に振り向いて見ていました。

で、幕間に1Fのロビーをふらふらしていたら、何やら人だかりが!その中心の人を見たら・・・やっぱりチョンソンファさんでした。ファンの方と握手したり、一緒に携帯でセルカしたりしていました。ソンファさんが写真を撮って、撮り終わった後もちゃんと撮れてるか一緒に確認したりしていて・・・その表情がとても優しくて、なんていい人なんだろうと思いました。私も握手だけでもしてもらおうと順番?を待っていたら、サインをもらっている人がいて・・・私もサイン欲しいな~~と思い、だけど何にしてもらおう?とカバンの中をゴソゴソ・・・これしかない!さっきグァンホくん達にサインをもらったオペラ座パンフの裏側(笑) そして、なぜか持っていた油性サインペンとともに、「サインをお願いします」とパンフを差し出しました。

「お名前は?」と聞かれ、「○○○です」と答えると、「えっ@@、ニホンジンデスカ?」と日本語で聞かれ、「ネー」(なぜか韓国語)、英語で書いてくれようとして「スペル教えて」と言われ、一文字ずつ私が言うごとに書いてくれました。書き終わると「アリガトウゴザイマス」と言われ、隣にいたマネージャーさんらしき人にも「アリガトウゴザイマス」と頭を下げられました。このお礼の意味は分かりませんが、外国人のファンがありがたかったのかな?そして、あのニコニコ笑顔で握手していただき、「カムサハムニダ~」(3日間ほとんど日本語を話していなかったので、急な日本語対応ができなかった・笑)とお礼を言って、お別れ?しました。
本当は、「ラマンチャよかった」とか、何かお話したかったのですが、2幕が始まる直前で席に着かないといけない時間だったので、迷惑になると思いやめておきました。
なぜだかサインペンを持っていた自分ナイス!と自分を褒めたかったです(笑)

あそうそう、この日のソンファさんのファッションが・・・白地のプリントTシャツに水色の綿ジャケット、バックを斜めがけして、なかなかいい感じ。が、ふと視線を下ろしたら、サブリナ丈のジーンズをロールアップしていて(ひざ下がほとんど出ている状態)・・・上半身とのミスマッチさが微笑ましく、思わずニタニタしてしまいました。

それと、どうでもいいことですが^^;・・ソンファさんが私の名前を聞く時に「이름이 뭐에요?」(名前は何ですか?)と言ったのですが・・・その時に、はっ!そういえば、グァンホくんは「성함이 어떻게 되세요?」(お名前は何とおっしゃいますか?)って聞いた!と思い出しました。2人の私の年齢のとらえ方が分かるわね~~と韓国語の奥深さを改めて感じたのでした(笑)

本編の感想より、それ以外が長くなってしまい、スミマセン^^;

P1040648.jpg
ソンファさんにいただいたサイン。とても丁寧に書いてくれました。几帳面そう(笑)
オペラ座のパンフだってバレたかな?(絶対にバレてる!)

Comments

name
comment
comment form
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。