FC2ブログ

クナリフロ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ミュージカル&その他観劇 in Japan > ウェストサイド物語 2016/05/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェストサイド物語 2016/05/07



5/7(土) 13:00
四季劇場 秋
S席 8,800円

【ジェット団】
リフ : 松島勇気
トニー : 神永東吾
アクション : 岩崎晋也
A-ラブ : 新庄真一
ベイビー・ジョーン : 常川藍里
スノーボーイ: 川村 英
ビッグ・ディール : 高橋伊久磨
ディーゼル : 大森瑞樹
グラジェラ : 相馬杏奈
ヴェルマ : 原田美欧
クラリス : 宮澤聖礼
ポーリン : 伊藤瑛里子
エニイ・ボディズ : 馬場美根子

【シャーク団】
マリア : 山本紗衣
アニタ : 岡村美南
ロザリア : 若奈まりえ
コンスェーロ : 秋山 舞
テレシタ : 村上今日子
フランシスカ : 小島光葉
エステラ : 相原 茜
ベルナルド : 萩原隆匡
チノ : 林 晃平
ぺぺ : 川野 翔
インディオ : 河津修一
アンクシャス : 楢原じゅんや
ファノ : 佐々木玲旺
ニブルス : 大木智貴

【大人たち】
ドック : 松下武史
シュランク : 志村 要
クラプキ : 荒木 勝
グラッド・ハンド : 吉賀陶馬ワイス

【ソプラノ・ソロ】
片山美唯

名作は色あせない。
何とか滑り込みで見れました(岩崎さんが出るまで待ってたらギリに→前楽^^;) やっぱり名作は永遠ですね、全く色あせない。久しぶりの生オケもよかったし、あの一糸乱れぬ美しい群舞は四季にしかできないと改めて思いました。

元々こういう救いのない話は好きじゃないのですが、昔福井さんが1年くらいずーっとひとりでトニーやってた時があって、何度も見ているうちに何これ名作じゃない!と気づき(笑)、大好きになってしまったという作品。

何といってもダンスが素晴らしいですよね。足を上げる角度までがキレイに揃っていて、皆さん圧巻のダンス力です。そして、名曲揃いの音楽。

神永さんのロボットのような不自然な動きに微笑み(苦笑い)ながら、ずっと福井トニーの姿を思い出していました。神永さん、ジーザスはまあよかったけど、普通の人間の役は違和感ありすぎますよ、挙動不審過ぎる(笑)

久しぶりのハギーは大人の魅力むんむんでカッコよすぎだし、岡村さんのアニタもよかったな。歌の人だと思っていましたが、あんなに踊れるのですね。マリアの山本さんも垢抜けない感じ(誉めてます)と少女らしい初々しさがあってとてもよかったです。大人の志村さんとワイスさんは安定のうまさ、さすがです。

四季の舞台を見るたびに思いますが…あの母音法と言われる独特の発音法、気になりますよね(笑) ベテランになると、はっきりと発音しながらもとても自然なセリフ回しができるようになるのですが、若い方や外国出身の方はものすごくカクカクして不自然なんですよね。ですが、感情は伝わりづらいけど、セリフはものすごく伝わってくる。この聞き取りやすさは結構クセになって、私意外と許せます(笑) 外の舞台では、演技もヘタでセリフも聞き取れない人が結構いますよね。四季で有名な格言?「一音落とす者は去れ」…舞台ではセリフを伝える事が最も重要だと思うし、四季はいい脚本の作品が多いですから、このポリシーは素晴らしいと思います。演技もセリフ回しもうまいのが一番ですが(笑)

横道に逸れましたが、やっぱりWSSは名作です。久しぶりに見れて嬉しかったです。次はトニー変えてください(爆)

Comments

name
comment
comment form
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。