FC2ブログ

クナリフロ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ミュージカル&その他観劇 in Japan > ETERNAL CHIKAMATSU-近松門左衛門「心中天網島」より- 2016/03/23

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETERNAL CHIKAMATSU-近松門左衛門「心中天網島」より- 2016/03/23



3/23(水) 18:30
シアターコクーン
S席 11,500円

ハル : 深津絵里
小春 : 中村七之助
アキ/おさん : 伊藤歩
ジロウ/治兵衛 : 中島歩
太兵衛 : 入野自由
トウゴ : 矢崎広
おかみ : 澤村國久
ババア/ジジイ : 中嶋しゅう
イサオ/孫右衛門 : 音尾琢真

作 : 谷 賢一
演出 : デヴィッド・ルヴォー

すごい…
どんな作品かよく分からないけど、演出がルヴォーってだけでポチっとしました(笑)

すごすぎた…観劇後はちょっと放心しました。
これを外国の人が演出したとか信じられないです。歌舞伎の様式美を取り入れたようなシンプルでありながらとても美しく印象的な舞台でした。
現在と過去(物語)が交錯する世界も違和感なく入り込めました。

日本で好きな役者さんって数人しかいませんが、その中のひとりの深津さん。舞台は初めて見ましたが、やはりうまいですね。強がっているけど実は弱いハル、小春と出会う事で少しずつ変わっていくのが見えてよかったです。透明感があって、凛とした姿もステキでした。

七之助さんの異次元の美しさと儚さ、そしていじらしさも持ち合わせかわいいという…もう女性では敵わないですね(笑) 日本の宝です。吹いたら消えてしまいそうな儚さなのですが、1幕終わりの心中場面ではあの重いカツラと衣装でのエビぞりには驚きました。相当な筋力がないとあれはできないですよね。しかも美しいし。そして、ラストの早変わり!顔はもちろん、首や手も白塗りしていたのに、一瞬にしてそれを落として現代の男性として現れたからびっくり。もうあれはマジックレベルですね。歌舞伎って色々スゴイと思いました(笑) そして、あの男性がハルの亡くなった旦那さんってのがまたニクい演出だと思いました。

あの舞台の美しさは、ルドルフと通じるものがありますね。赤はルヴォー演出のテーマカラーなのでしょうか。ルドルフの時はワインレッドで今回は朱赤、橋や格子戸?1幕終わりの赤い幕など、本当に美しかったです。

この間の元禄港歌の時も猿之助さんの凄さに驚いたのですが、今回は七之助さんに驚きました。歌舞伎界の表現力ってすごいのですね。

物語、演出、舞台美術、役者、全てが素晴らしく、私の観劇人生でもトップに躍り出るほどすごい作品でした。ルヴォー万歳!ありがとう!
この勢い?でまたルドルフ演出してください(最後はそこ?笑)

Comments

name
comment
comment form
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。