FC2ブログ

クナリフロ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ミュージカル&その他観劇 in Korea > 헤드윅(Hedwig) 2016/03/19 ②

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

헤드윅(Hedwig) 2016/03/19 ②



3/19(土) 20:30
홍익대 대학로 아트센터 대극장
99,000W

HEDWIG : 정문성(チョンムンソン)
YITZHAK : 서문탁(ソムンタク)

대본 : John Cameron Mitchell
작곡/작사 : Stephen Trask
연출 : 손지은

やっぱり信頼のムンソンさん!
禁断のヘド2連発。母親のような心境で心配しながら見ていました。

客席後ろから登場した時、歓声がすごく小さくて…先ほどのジョンソクさんの時とは大違いで、アウェイ感満載でちょっといたたまれない感じでした。

舞台に立ってガウン?を脱ぐと、細っそー。なんですか、その小枝のような足とペッチャンコのお腹は!その辺の女子よりも確実に細いです。そして、手を怪我しているようで、右手にギブスのようなものをつけて吊っていました。三角巾的なホルダー?を衣装さんが作ってくれたようで、衣装に合わせたキラキラしたもので違和感なかったです。前半は少女キャラ?ですごくかわいらしかったです。

語り部分は、やはりこれほどの劇場規模で一人語りの演技には慣れていない感じで、小劇場サイズの演技があの会場ではちょっと弱く感じ、客席の反応も薄くて何かハラハラしながら見ていました。

でも、話が進むにつれて、ムンソンさんが描き出すHedwigの人生にどんどん引き込まれていき、客席の空気も変わっていくのが分かりました。
後半トミーが現れた以降は、もう涙なしでは見ることができませんでした。本当にHedwigを生きているというのが伝わってきました。

私的ヘド演技がうまいという判断の第1チェックポイントはThe origine of loveでぐっとくるかです。ムンソンさん来ました~(笑)
第2チェックポイントはMidnight radioで号泣するかです。イツァークが自分の片割れだと気づき、愛おしそうに見つめる姿に感動、もうしゃくりあげるほど泣きました~(笑)
細かいところはたくさんあるのですが、大きなポイントは2つです。ムンソンさん合格(笑)
演技はもちろんですが、歌で感情を表現するのが最高にうまいです。

腕を吊っているから、動きが制限されてちょっと大変そうでした。が、Exquisite Corpse(ですかね?トマトのところ)で、カツラとドレスを脱いで、その後腕を固定していたサポーター(ギブスじゃなかった)をぐるぐると外し始めて、えーー!と目が点になりました。その後は手をぐるんぐるん回していて、そういう演出だったのか?!と思ったけど、公演中は夢中で痛みを忘れてしまうとの事で、本当に腕は痛めていました(笑)

ソムンタクさん、ありがとうございます!あなたがいるだけで、公演のレベルが40%は上がります。まだ公演4回目でケガもしているムンソンさんをフォローして見守る姿が姉弟のようで微笑ましかったです。姐御最高!

不安な気持ちでスタートしましたが、最後は大感動で魂抜けました。ムンソンさん&タクさん、サイコー!でした。
ムンソンさんは、もうちょっとこなれてきたら、かなり良くなると思うので(何様?)、できれば後半にもう1度見てみたいです。

Comments

name
comment
comment form
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。