FC2ブログ

クナリフロ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ミュージカル&その他観劇 in Korea > 스토리오브마이라이프(The Story of My Life) 2016/02/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

스토리오브마이라이프(The Story of My Life) 2016/02/07



2/7(日) 14:00
백암아트홀
46,200W

토마스 : 고영빈(コヨンビン)
앨빈 : 이석준(イソクジュン)

대본 : Brian Hill
작사/작곡 : Neil Bartram
연출 : 신춘수

さすが職人コンビ!
いやーやられましたねー涙と鼻水が止まらず大変な事になりました。前期からペアを組んでいるというのも大きいと思いますが、この2人の呼吸とか2人の間に流れる空気とか…なんか別物な感じがしました。

それぞれの役別にはそくトムとウジンアルヴィンが好きで、ペアとしてもそくウジンが好きなんですが、一番腑に落ちるのはこの日のペアかなと思います。この作品のメッセージが一番伝わってきたように思います。

そくさま以外のトムを見るのは初めてでしたが、ヨンビンさんの演技は少し平面的に感じて、やっぱりそくさまの演技が好きだなーなんて思いながら見ていました。ソクジュンさんもうまいのですが、どうしようかと思うくらい愛らしいウジンアルヴィンに比べると見た目おじさんだし…(爆)
そんな訳で、途中まではずっとそくウジンに思いを馳せていました。ところが、後半になりぐんぐんストーリーに引き込まれて、最後はなんと涙の洪水状態。

ヨンビンさん、久しぶりに男性の役で見ましたけど(爆)、相変わらずどこから足なんですか?っていうくらい手足が長くてスタイルいいですね。歌は高音のあるナンバーはキツそうで、ちょっと不安定でした。でも、とてもソフトでちょっと心の弱そうなところがトムっぽくてすごくよかったです。ヨンビンさんの後半の演技が本当によくって、今までちょっともやもやしていた自分の考えが整理できそうな気がしました。

ヨンビンさんのトムは、アルヴィンが亡くなってからアルヴィンの亡霊にしょっちゅう会っていて、いつもそばにいるのが普通みたいな感じがしました。冒頭のアルヴィンを見る眼差しがとっても優しくて、指を口に当ててのしーっはとろけるかと思いました(笑)

송덕문って日本語でいうところの追悼文みたいな感じですかね?表向きはトムがアルヴィンを送り出すように見えるけど、実はアルヴィンがトムを送り出しているんですよね。最後にアルヴィンに背中を押され、新たな一歩を踏み出したヨンビントムの晴れやかな表情がとても印象的でした。

最初の場面から最後の場面の時制が分かるようでよく分かっていなかったのですが、最後カーテンが閉まった時にトムがはっと我に返るんですよね。ほんの数分の間にトムの心の中で描かれた話だというのがヨンビンさんの演技でよく分かりました。

悲しい事や辛い事を経験したりすると立ち止まってしまったり、自分の殻に閉じこもったりしてしまう事があると思います。大なり小なり生きていれば誰でもそういう事ってあると思うのですが、この作品はそういう人にとって1歩を踏み出す勇気を与えてくれるお話で、ヨンビンさんとソクジュンさんはそういうメッセージが一番強く伝わってくるペアだと思いました。

初演で見たぶりで、しかもその時遅刻したので、作品の内容をほとんど理解できていなくて…今回思いのほか結構たくさん見てしまいましたが(笑)、自分なりに理解ができて、この作品のメッセージを受け取る事ができてよかったです。本当にいい作品だなと思います。
いいソム締めができて大満足でした。

Comments

name
comment
comment form
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。