FC2ブログ

クナリフロ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ミュージカル&その他観劇 in Japan > ひょっこりひょうたん島 2015/12/22

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひょっこりひょうたん島 2015/12/22



12/22(金) 18:30
シアターコクーン
S席 11,000円

マシンガン・ダンディ : 井上芳雄
サンデー先生 : 安蘭けい
博士 : 山下リオ
ケテ : 小松和重
プリン : 山田真歩
海賊 : 一色洋平
チャッピ : 久保田磨希
ダンプ : 内田紳一郎
海賊 : 真那胡敬二
海賊 : 大森博史
海賊 : 中村まこと
? : 串田和美
トラヒゲ : 小松政夫
ドン・ガバチョ : 白石加代子

脚本 : 宮沢章夫/山本健介
演出/美術 : 串田和美
音楽 : 宇野誠一郎/宮川彬良

なんか不思議な作品。
あの有名な曲だけは知っていましたが、ひょっこり世代ではないし、どんなお話なのかもよく知らないまま見に行きました。

ひとまず面白いには面白かったのですが、何だかすごく不思議な舞台でした。この部分いらないんじゃない?と思うようなくだらない場面(椅子取りゲームとか)が結構あって…内容がないのか、内容がありすぎるのかの判別つかず…(笑) たぶん、深い意味が隠れていると思うのですが、私の感性では読み取れませんでした。

途中途中で、原爆のような爆発音と舞台の暗転があって、何か隠れた意味があるのだと思いましたが、それが何かは分からない…(笑)

唐突に芳雄くんが歌い出す場面や安蘭さんとデュエットする場面もあり、ファンにとってはサービスタイムのようでしたね(笑)

印象に残ったのは、博士役の山下リオさんの爽やかな演技と小松政夫さんの飄々とした雰囲気の燻し銀演技(年を取ったからか滑舌が悪かったけど^^;)。でも、何と言っても、ドンガバチョの白石加代子さん。人形劇のキャラそのもののような体型を肉襦袢?で作っていて、セリフ回しのあまりのうまさに感激してしまいました。

演出の串田さんも出演されているのですが、ここであなた必要ですか?というような役と言えるような役じゃない役でちょこちょこ出てこられたのが妙にツボでした(笑)

演劇ですが、アコーディオン、ギター、パーカッションのバンドが入っていました。途中で楽隊として舞台で演奏する場面があり、とても心地よい音色にうっとりと聞き入ってしまいました。

何回か見たら、作品に込められた深い意味も分かってくるのかも知れませんが、何度も見るのはちょいキツいです(笑)

Comments

name
comment
comment form
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。