FC2ブログ

クナリフロ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ミュージカル&その他観劇 in Korea > 스토리오브마이라이프(The Story of My Life) 2015/12/18

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

스토리오브마이라이프(The Story of My Life) 2015/12/18



12/18(金) 20:00
백암아트홀
52,800W

토마스 : 강필석(カンピルソク)
앨빈 : 홍우진(ホンウジン)

대본 : Brian Hill
작사/작곡 : Neil Bartram
연출 : 신춘수

素晴らしかった!
ストーリーは、初演時にジョンハンさん&チャンヨンさんで1度見ました。私のほどほど長い観劇歴の中で、公演に遅刻をしたのが日本で2回、韓国で1回のみで、その韓国での1回がまさにこのストーリーでした。最初の数十分が見れなかったので、チンプンカンプンのまま終わってしまいました(笑) 前期は見なかったので、今期そくさまとウジンさんという最高のキャスティングでようやくリベンジできることになり、期待まんまん(笑)

そくさまは、これでもかと持っている引き出しを全部使用しているかのような多彩な演技で、本当に見応えがありました。あまりにかわいらしい子供時代の演技には、体がもぞもぞするほど悶えました。あの内股は反則です(笑) 1876での夢を見つけたトム少年の嬉しそうな表情がたまりませんでした。トーマス最大の聞かせどころのナビですが、静かな歌い出しから感情がはじけ出すサビなど、1曲の中に様々な表現が詰め込まれていて、ドラマティックで本当に素晴らしかったです。

ウジンアルヴィン、超超超よかった!カーテンがぱっと開いた瞬間のその佇まいに思わず息を飲んでしまいました。そこには、俳優ホンウジンではなくアルヴィンがいました。ウジンさんは、今まで演劇で何作品か見たことがあって、すっかり演劇俳優だと思っていたのですが、歌もあんなにお上手なんですね。これまでも演技のうまさは十分に認識していましたが、あまりにすごい演技力にもう恐れ入りましたと、何度も泣かされました。一番印象に残っているのが、「보내(ボネ)」と「アンニョン、トム…」のセリフでした。ボネは自分が認めればトーマスと別れる事になるので、本当はイマイチだとか言ってトムを引き止める事もできただろうと思います。が、トムの事が大切だから作品を認めて送り出そうとする複雑な心情が伝わってきて…泣けましたね。アンニョンは、思わずはぁぁ~と息を洩らして泣いてしまいました。
運動神経の良さと持ち前の体力で、とても活動的で天真爛漫、天使のようなアルヴィンでした。そのため、時折見せる影の部分とのギャップが大きく、光と影が混在する演技にすっかりやられてしまいました。常に出っ尻でかわいかったし、お父さんが入院して本屋の主人になった時、書類にサインする時のペンの持ち方がものすごくアルヴィンっぽさが表れていて、細かいところまでこだわって演じているんだなと思いました。本当に演技がうまいです。ちょっと掴みどころがなくてふわっとしていて、それでいて温かいウジンアルヴィン…最高でした。

そくさまとウジンさんは、大学の先輩後輩で普段から仲が良いみたいで、それが舞台にも表れていたように思います。雪遊びのシーンとか、2人ともとても楽しそうで、そくさまがお腹でスライディングした時にはえぇ~そくさま?!と思わず目を見開いてしまいました(笑)

ちょっと解釈を観客に委ねているので、どう考えるかちょっと難しいですが…。なぜアルヴィンは橋から飛び降りたのか…私は、飛び降りれば天使クラレンス(=トーマス)が現れると思ったのかなと…それだけアルヴィンは孤独で、またトーマスに会いたかったのかなと思ったりしました。

本当に最高に素晴らしい公演でリベンジできて幸せでした。
ひとまず最初から最後まで見れて、どんなお話なのか分かったのもよかったです(笑)

Comments

name
comment
comment form
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。