FC2ブログ

クナリフロ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > コンサレポ♪(その他) in Japan > ラミン・カリムルー in コンサート 2015/12/17

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラミン・カリムルー in コンサート 2015/12/17



12/17(木) 19:00
東京国際フォーラム ホールA
SS席 13,000円

ラミン、ステキ*^^*
どんなコンサートになるのかなと思っていたのですが…ミュージカル俳優ではなく、アーティストであるラミンのコンサートでした。

この日初めて知ったのですが、ラミンの音楽はブルーグラスというジャンルに属するらしいです。ブルーグラスというのは、北アイルランド人がアメリカ大陸に渡った時にアイルランドの音楽をベースにして発展した音楽で、現在のアメリカではカントリーミュージックのいちジャンルとして人気があるそうです。←家に帰ってから調べた(笑)

バンドは、ヴァイオリン、チェロ、ギター&バンジョー、ピアノで構成されていました。
4Starsの時もラミンがオリジナル曲を歌った時に、カントリー調だなと思ったのですが、今回もカントリー&アイリッシュな曲調がメインでした。ヴァイオリンの軽快な音色が入るとアイリッシュっぽく(無印の店内的な音楽)なるし、バンジョーが入るととたんにカントリーっぽくなるんですね。まさにブルーグラスでした(笑)

知らない曲が多い中、やっぱりミュージカルの曲になるとテンションが急激に上がります。アコースティックなBHHや民衆の歌などとても新鮮でした。4Statsの時まさかのワンコーラスだったTIHYSがフルで聞けてもう感激。

本当は歌う予定はなかったけど…と歌ってくれた曲(Wagon Wheelですかね?)が、とっても耳心地がよくて、なんか別世界にワープしたような感じになりました。じわーんと癒されるようなステキな曲でした。

アンコールは、ワンマイクで。これって何気なくやっていますが、立ち位置とか音の大きさとかのバランスがすごく難しいらしいのです(Kくんが言ってた) とてもステキな音色と歌声でうっとりでした。こういう所からもメンバーとの良好な関係性も見えてきますね。

ゲストは平原綾香さんだったのですが…彼女自身には問題ないのですが、ラミンとの歌のレベルとか声質とかラミンコンサートとの雰囲気との溶け込み具合とか…ちょっと違うかなという感じでした。個人的には、沼尾さんや新妻さんだったらよかったのになと思いました。

あと、あの音楽の雰囲気とフォーラムAという会場の大きさがちょっとミスマッチでしたね。大スターのラミンですから、大きな会場じゃないと無理なのは理解できますが、もっと小さな会場で聞きたかったなと思う音楽でした。
それと、通訳さんがいたのに、ラミンが呼ばないと出てこなくて…ラミンがあれこれ話しているのに全然訳されないので、会場シーンみたいになってラミンが「僕の言ってること分かる?」とか言っていました。舞台袖からでも全部訳してくれたらよかったのにとちょっと残念でした。

ラミンの歌声は本当にステキで、気さくでおちゃめで本当に人柄の良さが伝わってきます。耳と目と心が癒されたステキな時間でした。

第1部
Empty Chairs at Empty Table
Anthem
Broken
Oh What a Beautiful Morning’
Constant Angel
Traveler’s Eyes
Love Never Die with 平原綾香
Once Upon Another Time with 平原綾香
Till I Hear You Sing

第2部
Music of the Night
The Road to Find Out / Wild World
Losing
Bring Him Home
Jupiter 平原綾香
Somewhere with 平原綾香
Wagon Wheel
Do You Hear The People Sing?
Reminder

アンコール
I Wish The Wars Were All Over
Will The Circle Be Unbroken

Comments

name
comment
comment form
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。