FC2ブログ

クナリフロ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ミュージカル&その他観劇 in Japan > バグダッド動物園のベンガルタイガー 2015/12/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バグダッド動物園のベンガルタイガー 2015/12/09



12/9(水) 19:00
新国立劇場 小劇場
A席 5,400円

タイガー : 杉本哲太
トム : 谷田 歩
ケヴ : 風間俊介
ムーサ : 安井順平
女1/女2 : クリスタル真希
ウーダイ : 栗野史浩
女の子/ハディア : 田嶋真弓
男 : 野坂 弘

作 : ラジヴ・ジョセフ
翻訳 : 平川大作
演出 : 中津留章仁

これは…。
最強難しかった…。
終演後の観客の戸惑い感とあちこちから聞こえてくる難しかったの声。やっぱり、外国ものは難しいですね。

杉本哲太さんが虎役なのですが、人間の姿をしているのに虎?!みたいな(笑) 冒頭でアメリカの兵士に撃ち殺され、その後は魂として現れ、ストーリーテラーの役割も担っているようでした。

一度ドラマで見て、何となく気になっていた風間俊介さん。1幕は、ちょっとギャンギャン騒ぎ立てる台詞回しが多かったのですが、2幕ではやはり魂となり登場します。静かで穏やかな演技がとてもよかったです。

1幕の途中で、栗野さんの超音波キンキン声でわめくようなセリフ回しの長ゼリフが数十分?(に感じた…)続いて、辛い~もう帰りたい~と思っていたら、後ろの席の方が引きつけ?起こして気を失ってしまったようで、一瞬私の周りは騒然としました。すぐに意識が戻ったので安心しましたが、私がもう本当に辛い~と思ったタイミングと同時だったのって…^^;
その時の劇場係員の方の周囲に迷惑をかけずに、素早く的確な対応が素晴らしかったです。さすが新国立劇場。

一番印象的だったのは、安井さんの演技のうまさです。安井さん登場場面は、その演技力に目が釘付けでした。

劇中、アラビア語が結構多く出てくるのですが、字幕や翻訳なしでそのまま状態の事が多く、もうチンプンカンプン。アラビア語が分からない登場人物の気持ちを観客にも体感させる意図なのか?結構イライラしました(笑)

ただでさえよく分からないのに、途中から神の話まで出てきて、もう無理…と理解しようとするのを放棄(笑)
私には難しすぎる作品でした。

Comments

name
comment
comment form
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。