クナリフロ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ミュージカル&その他観劇 in Japan > デスノート 2015/04/22

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスノート 2015/04/22



4/22(水) 18:30
日生劇場
S席 13,000円

夜神 月 : 浦井健治
L : 小池徹平
弥 海砂 : 唯月ふうか
夜神 粧裕: 前島亜美
死神 レム : 濱田めぐみ
死神 リューク : 吉田鋼太郎
夜神 総一郎: 鹿賀丈史

原作 : 大場つぐみ
音楽 : フランク・ワイルドホーン
演出 : 栗山民也

浦井くん、天才!
浦井くんすごかった…終演後しばらく胸のざわざわがおさまらなかったです。
カッキーライトもすごくよかったけど、浦井くんのライトはなんかもう別物でした。

ものすごいカリスマで見る者を圧倒するオーラが溢れ出ていました。普通の若者が神の領域を犯し、どんどん狂気が増していく様子がもう恐ろしくて、最後は完全なる殺人鬼になっていました。

カッキーライトは等身大の若者で、他人の命をコントロールできるようになって、自分は神だとちょっと勘違いして最後自爆…愚かで哀れだなと思いました。スリルミーのリチャードを彷彿とさせる感じがしました。 浦井くんライトは、何かもう…別次元の人になっていました。

リュークは、地上に降りてきた第一声が「うぃざ~っす」…もう自由過ぎます(笑) この日も演技の緩急を自在に操って、舞台上の人物も観客も完全にリュークに支配されていました。この作品で1番重要な役と言っても過言じゃないですね。

レムもよかったです。始終一切感情を出さないのですが、最後ミサを守る時だけ感情を露わに歌って、そこでもうぐっときてしまいました。

小池徹平くんもホントにうまくて驚かされます。シングルなのに、高音までずっと安定してるし。歌も感情込めずに淡々と歌うのですが、それがLっぽくてすごくいいと思います。

カッキーと浦井くんのタイプの全然違う2人のライトを見て、グァンホくんがどう演じるのか、もう気になってしょうがないです(笑)

劇場では外国からの観客もちらほら見かけ、本当に世界で愛されている作品なんだなと実感しました。
韓国での上演が決まっていますが、全く同じ演出なのか、ちょっと変えるのか…韓国人が好むドラマチックな展開ではなく、淡々と話が進んでいくので、果たして韓国人の趣向に合うのか?色々気になります。枠にはまって、チケットが取れたら見に行きたいなと思います^^

Comments

name
comment
rinrin : URL グァンホくんの

Edit  2015.06.12 Fri 09:55

ファンだから観に行くけど
日本版好きなので
不安もあり…

リュークやっぱりそう思います??
リュークで全体は変わりますよね…
めっちゃ忙しくて
カッキーライト手放したのが
本当に悔やまれます

noul : URL Re: グァンホくんの

Edit  2015.06.12 Fri 23:38

私もグァンホくんのファンだから見に行きますが、プレスコール見た限りでは非常に不安になりました^^;
特に、リュークがだいぶ不安です。歌よりも演技が重要なので。
カッキーもとってもよかったですよ♪

comment form
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。