FC2ブログ

クナリフロ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 旅行記 > 7/7-9 ソウル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/7-9 ソウル

先週末、ラカージュとラマンチャを見てきました。
もうどちらも最高で・・・(ため息)
1つで2週間くらいは余韻に浸れるくらい、それぞれがとても素晴らしい舞台だったのですが、それを立て続けに見てしまったので、ちょっともったいなかったですね…本当に至福の時間でした。

ソウルは、私が行く前の日まで雨が続いていたようですが、滞在した2日間はギラギラの快晴で、焼け焦げそうに暑かったです^^;

7/7(土)
15:00 라카지(ラカージュオフォール) 정성화、남경주、이동하、윤승원、전수경、김호영
19:30 맨 오브 라만차(Man of La Mancha) 홍광호、조정은、이훈진

7/8(日)
14:00 맨 오브 라만차(Man of La Mancha) 황정민、이혜경、이창용
18:30 라카지(ラカージュオフォール) 김다현、고영빈、이동하、천호진、도정주、김호영
ラカージュは、ペアによって全く違う雰囲気で、それぞれすごくよかったです。

ソンファさんは、登場しただけで思わず笑っちゃうくらいかわいらしくて・・・でも、歌がとんでもなくすごかった。1幕最後の「ありのままの私」は、地響きがするかのようなものすごい声量でただただ圧倒、劇場が爆発したかと思いました(笑) まだ完全に女になりきれてないところも所々感じられましたが、これからどんどん女になっていくのではないかと思われます(笑)
ナムギョンジュさんは、もう本当に素晴らしい演技力でした。さすがです。エルビンを本当に愛しているのが伝わってきて、とても微笑ましかったです。
ジャコブのキムヨホンくんが、本領発揮?というか、もう完全に女性(おばちゃん)のようで、とても生き生きと演じていました。彼が出てくると、その場の空気を全てかっさらって行く感じで、もう大爆笑。超はまり役だと思います。
カジェル達も、コワキモ度は日本より低めでしたが、なかなかよかったです。演出上、女性ダンサーが必要だったのですが、彼女たちがカジェルに混じっていたのは、個人的にはちょっと残念だったかな。

ダヒョンくんは、想像通りそんじょそこいらの女性よりも美しかったです。そして、HEDWIG経験者だけあって、女性らしいしぐさが自然と身についている感じで、どこからどう見ても美しくてうっとりでした。HEDWIGでもそうでしたが、客席の雰囲気を掴んでアドリブを入れたりするのが抜群にうまいので、本当におかしくて大笑いしてしまいました。
コヨンビンさんは、スタイル抜群で立ち姿が非常に美しいので、舞台に立っているだけで目を奪われてしまう感じでした。ダヒョンくんとの見た目のバランスがとてもよかったし(2人とも美しすぎ!)、彼らの歌声が甘く響くタイプで声の相性がとてもよく、ステキなハーモニーを奏でていました。ロマンティックな雰囲気が漂う2人でした。

それから、音響が非常に素晴らしくて、音の波に体が包まれるようでとっても心地よくて、音楽に身をゆだねてうっとりとしてしまいました。やはり、音のいい箱に腕のいい音響さんいてこそ、いい音になるのでしょうね。LGでも音の良くない作品がたくさんありましたから・・・。あんなにいい音は久しぶりに聞いた気がします。

ラマンチャは、ボムソクさん以外ダブル(トリプル)キャストのプリンシパルは全員見ることができました。

で、グァンホくん!個人的には、ジバゴではもやもや感満載だったのですが、ラマンチャではも~~すっきり!この作品があなたを待っていたと思うしかないほど、本当に素晴らしいパフォーマンスでした。セルバンテスの時は、かつらもひげもない素のグァンホくんに近い精悍な青年、ドンキホーテになった時の年寄り演技がもう絶品。本当に細かいところまで神経を行き届かせているのが分かりました。コミカルな演技も本当にうまくて、会場はどっかんどっかん笑いに包まれていました。1幕最後の「見果てぬ夢」は、最初は年寄り声で歌い始めるのですが、後半ジキハイぶりの大声量でどこまで伸びるんだ?という美声を轟かせて、会場を完全制圧。私はこの日、センター下手寄りの2列目だったのですが、この曲を目の前で歌われ、魂が抜けてしまい、休憩時間は足腰ガクガクで正気に戻るまで時間がかかりました。いやいやいや~~参った(笑) それと、演じている時のグァンホくんの表情がとても幸せそうで、見ている私もとっても幸せな気分になりました。個人的感想ですが、歌は言うまでもなくダントツですが、演技も今まで見たドンキホーテの中(5人)で一番うまいというか、役のはまり具合がNo.1だと思いました。
ジョンウンさんは、本当にあなたジョンウンさんですか?と確認したくなるほど、今までのおしとやかキャラから大変身。ゾロの時は、ちょっとおきゃんなキャラもとてもかわいくて・・・どんどん演技の幅を広げて成長し続けている素晴らしい役者さんだなと思いました。本当に熱演で、ぐいぐい引き込まれました。歌も地声部分はすごく迫力があってよかったのですが、一部高音の部分は裏声が細くなってしまうところがあって、ちょっとはらはらしました。1か所、音を下げて歌っているところがありました。
フンジンサンチョは、頭の先からつま先まで、本当にサンチョそのもの。あのぷにゅぷにゅの体とくるくる変わる愛らしい表情は、もう反則(笑)

ジョンミンさんは、前半は案外普通な印象だったのですが、後半の演技が本当にうまくて引き込まれてしまいました。歌は、声量もたっぷりで想像以上にお上手で驚きました。でも、前日見たグァンホくんの衝撃的なパフォーマンスを引きずっていたので、あまりはまれなかったというのが正直なところです。
イヘギョンさんは、以前ジキハイのエマで見たことがあったような気がしますが・・・演技もうまいですが、歌が圧倒的にうまいです。高音が美しく響いて、どんな高い音も余裕で歌い上げます。ハーモニー時も最高音で歌うので、音に厚みが出てすごくよかったです。
チャンヨンサンチョは、幼い感じでかわいらしかったです。歌は、本当にうまくて、とても幸せそうに歌っていました。フンジンさんの後に見たというのもありますが、演技がちょっと弱いですね。自分のセリフがない時など、素に戻っているように見えることが多かったです。
それと、忘れてはいけないソヨンジュさん!グァンホくんとともに、シャーロッテの怪人となりつつある方ですが、この方の好演が光っていました。個人的には、助演男優賞を贈りたいくらいです。2役の演じ分けがもう最高で…思い出しただけで、にやにやしてしまいます(笑)

ラカージュもラマンチャも、作品自体とても魅力があるのに、そこに実力の揃った役者さんが演じるのですから、そりゃもう大変なことになりますよね。本当にいい舞台を見せてもらいました。

後で個別に感想を書くので、それぞれ軽く書こうと思っていたのに、いざ書き出したらたっぷり書いてしまいました。後で書くことがなくなるかも…(笑)

Comments

name
comment
comment form
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。