FC2ブログ

クナリフロ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ミュージカル&その他観劇 in Japan > ダンスオヴヴァンパイア 12/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンスオヴヴァンパイア 12/15

P1010025.jpg

2回目のヴァンパイアへ行ってきました。

前回と逆キャストの育&愛で見ました。
う~~ん…スミマセン、育アルフが苦手過ぎました…^^;

感想は、かなり辛口です~^^;
開演前と幕間に、アルフレートから諸注意のアナウンスがあるのですが、この時点で…はぁ?
このナレーションは、アルフレートになりきってやって欲しいのですが、ものすごいスカした感じ(死語?)でクールな口調…アルフレートではなく、完全に山崎育三郎でした。

キャラも、ナル&ぶりっこで、全然アルフレートじゃない~~><
自分大好きで、サラに恋してる感じが全然伝わってこなかったし、教授に逆ギレしてみたり…まあ、これも個性で、ある意味ありなのかもしれませんが、私のイメージするアルフレートと全く違ったので、全然ハマれませんでした。それと、メイクの具合なのか、IKKOさんに見えてしょうがなかったんですけど…(笑)

高橋さんのサラは、ある程度覚悟して行ったのですが、育アフルに気を取られていたからか、思ったよりよかったです。歌は、地声部分は案外声が出ますが、高音になるとふらふらひょろひょろです。演技も弱いは弱いけど、等身大の18歳のサラという感じが出ていて、なかなかよかったです。ヴァンパイアになってからの豹変ぶりがすごくて、アルフの血を吸う場面なんて、とってもよかったです。最後、ライブ形式で歌うところは、さすが大所帯のメンバーだっただけあって、魅せ方を知っているな~と感心したのですが、堂々たるパフォーマンスでした。

ヘルベルトの馬場さんが、吹っ切れたのか(笑)、かなり弾けていてよかったです。彼って、まだ23歳で、カンパニー最年少なんですってね。素顔はとってもイケメンなので、驚きました。吉野さんの後で、しかもこの若さで…かなり健闘していると思います。お風呂のシーンで、赤いテニスラケットがバスタブのところに置いてあったのですが、これはテニミュ出身だからなのかな?芸が細かいです…(笑)

あ、この日の祐一郎さんは、とってもよかったです。特に墓場の場面の歌が、沁みました…。

この日のクコール劇場がサイコーでした。何でも、おかあちゃんが失踪してしまったとかで、おかあちゃんに宛ててクコールが手紙を書いていました。その手紙を読み始めると、鉄琴でとあるメロディーが…「おかあちゃん、どこなの?聞こえているの?寒いんだ」…あれ~?これって、チビルドルフの「ママ、どこなの」のパクリじゃん!!めっちゃ、感情を込めて読んでいました。猫を殺したってところは、オオカミと戦ったと言っていました(笑)も~お腹抱えて笑っちゃいました。

カテコでは、光るブレスレットが配られて、みんな腕につけて踊りました。途中、照明が落とされ、サイリウムの青い光がとても美しくて感動的でした。

この日は、普段劇場で見かけないような中年男性の一人客が異常に多かったですね。モーオタってやつでしょうか?かなり集客力あるんだな~と思いました。

帰りのロビーでは、クコールがお見送りをしていました。IDカードを首から下げていて、「くこ~る」って書いてありました(笑)間近で見ると、特殊メイクがすごいですね…だけど、幕間も終演後も休みなしで…クコール、働き者だわ(笑)

やっぱり、ヴァンパイアは楽しいです。
そして、アルフレートはヘタレ系が好きです。浦井アルフが好きすぎたのがいけないのか、育アルフに違和感を感じまくりでした。あぁ~順番を逆に見ればよかった(けど、浦井、知念、新上の組み合わせが異常に少なかったのよね~~)

12/15 ソワレ(帝国劇場)
クロロック伯爵 : 山口祐一郎
サラ : 高橋愛
アルフレート : 山崎育三郎
シャガール : コング桑田
レベッカ : 阿知波悟美
マグダ : Jennifer
ヘルベルト : 馬場徹
クコール : 駒田一
アブロンシウス教授 : 石川禅
ヴァンパイア・ダンサー : 新上裕也

Comments

name
comment
comment form
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。